公益財団法人 ロッテ財団

財団の沿革


本財団の設立者である重光武雄は、1948年に株式会社ロッテを設立し社長に就任、同社を我が国トップの総合菓子メーカーとして成長させるとともに、事業の多角化と国際化に取組み、国内外において人々に愛される企業として、嗜好文化を築き上げ、企業の社会的責任を果たしつつ発展を遂げてきました。
 経済的にも文化的にもグローバル化が進む今日において、多くの国々から我が国の国際貢献に対する期待が寄せられていることは周知のとおりです。 我が国のように所得水準も物価も高い国で私費留学生が勉学に励むためには、大変な困難を伴うことが容易に想像できます。彼らは言葉の障害を乗り越えながら、母国とは比較にならない高額の授業料、住居費、生活費等を工面するために、留学生活上多くの苦難を強いられている現状にあります。
我が国が果たしうる国際貢献の中で留学生支援こそは、人材育成を通じた知的国際貢献として位置づけられるともに、人的ネットワークの形成や、相互理解と友好関係の強化を促す事により、世界平和と安定に寄与できるものと考えた重光武雄は、アジアを中心に留学生の奨学支援を行うべく2007年4月、財団法人ロッテ国際奨学財団を設立しました。
 さらに、その後「食と健康」に対する社会的関心が高まる中で、食品産業に名を連ねる当社に対しましても食を軸として、科学・文化の広範な領域を対象とする研究及び事業への支援が要請されている事態を認識し、新しい方法論の探求を経て、そのための準備を整え、2013年4月から新たなる研究助成事業がスタート致しました。
事業の展開にあたっては「研究者育成助成」と「奨励研究助成」の2つの事業を柱とし、将来、国際的に活躍する可能性を秘めた優秀で高い志をもつ若手研究者の育成と、「食と健康」の世界にみられる数多くの課題の解決策に迫ることの出来る研究の奨励を旨として、意欲的な事業の進展を期することとした次第であります。具体的には、「研究者育成助成」において、採択者にはロッテ重光学術賞(助成金)として年間1,500万円が最長5年間支給されます。一方、「奨励研究助成(A)」においては、採択者に年間最大300万円、「奨励研究助成(B)」においては、年間最大100万円が支給されます。
こうした助成が、健康で真に豊かな社会の構築に向けて、活かされますことを期待しております。