公益財団法人 ロッテ財団

理事長挨拶

理事長 吉川 弘之

Hiroyuki Yoshikawa,Chairman

ロッテ財団理事長の吉川弘之でございます。

当財団の前身は、株式会社ロッテの創業者である故重光武雄によって、2007年4月、財団法人ロッテ国際奨学財団として設立されました。

留学生の中には、志操堅固、学力優秀でありながら、経済的理由により学業の継続が困難となる私費留学生が数多くおられます。
ロッテ国際奨学財団は、そうした学生に対する奨学事業に特に力を入れてまいりました。
事業発足以来の奨学生の数は、2020年度4月時点で累計600名を超えました。

また、2012年度に新たにスタートした公益財団法人ロッテ財団は、さらなる公益事業の充実と発展を目指して、これまでの奨学事業に加え、
もう一つの公益事業の柱とすべく、2013年度より「食と健康」をテーマにした研究助成事業を開始致しました。
2020年度は、「研究者育成助成」<ロッテ重光学術賞>においては1名が採択されました。
また、「奨励研究助成(A)・(B)」において合計41名が採択されました。

当財団は、21世紀の大きな社会関心事である、「食と健康」に関する自然科学から人文・社会科学までの広域分野でこのような研究助成事業を実施し、
若い研究者の育成に今後も引き続き力を入れて参る所存です。

今後とも関係者の皆様方のご理解と変わらぬご支援、ご協力を心よりお願い申しあげます。