公益財団法人 ロッテ財団

奨励研究助成

募集概要

〔1〕本助成の趣旨

本制度は、将来、国際的に活躍する可能性を秘めた、優秀で志の高い若手研究者を対象とした助成制度です。自然科学から人文・社会科学にわたる「食と健康」の分野において、申請者の年齢分布や研究形態の多様性も考慮しつつ、独創的・先端的な研究に専念する優れた若手研究者を助成します。

〔2〕本助成の特徴

  • (1)助成対象者には、1件あたり最大300万円を助成します。
  • (2)自然科学、人文・社会科学の広域科学分野からの応募が可能です。
  • (3)研究者の環境にあわせて研究計画を立てられるよう、研究期間が1年~3年まで選択可能です。

〔3〕助成金額・件数

1件あたりの助成金額  最大300万円
年間助成件数 10件程度
年間助成総額 約3,000万円

〔4〕応募締め切り

(1)Web申請・・・・・・・2016年6月24日(金) 24:00まで
(2)申請書の郵送・・・2016年6月27日(月) 12:00までに財団必着のこと
*(1)(2)ともにそろった段階で正式受理とします。

〔5〕応募資格

「食と健康」に関する広域科学分野での独創的・先端的な研究を行う若手研究者のうち、2016年4月1日時点で以下の要件に該当する方が応募できます。
 
  • (1)40歳以下の方とします。ただし、国籍は問いません。
  • (2)国内の大学・短期大学・高等専門学校および公的研究機関(以下、「所属機関」とします)に勤務する研究者の方で、博士号取得者または後期博士課程単位取得退学者の方とします。
  • (3)助成申請にあたり、応募は本人が行いますが、所属機関長(学部長・研究科長・研究所長等)の承認を得られる方とします。
  • (4)原則として個人研究が対象ですが、申請者が研究の代表者であり、かつ申請課題を遂行する上で必要である場合に限り、共同研究を認めます。
  • (5)一度採択された方は、助成初年度から数えて3年間は「奨励研究助成」の再申請を行うことはできません。
  • (6)他財団等からの助成については、研究課題名の重複や、エフォート管理上研究費の過度の集中が認められた場合は、採択しません。
  • (7)当財団の「研究者育成助成〈ロッテ重光学術賞〉」と重複して応募することはできません。
  • (8)2017年2月16日(木)の贈呈式に申請者本人が必ず出席できる方とします。

〔6〕選考方法

2016年10月6日(木)開催予定の研究助成事業選考委員会にて選考を行い、同月18日(火)開催予定の理事会において助成対象者が決定されます。
なお、選考の過程において、当財団は選考に利害関係のない有識者に申請書を送って評価意見を求めることがあります。

〔7〕助成期間

2017年4月から1年間です。
ただし、研究期間は申請時に選択していただき、最長3年間まで可能とします。
助成金は、研究期間にかかわらず、最大300万円が助成開始時に支払われます。

〔8〕助成金の使途

助成金の使途は、助成対象者の研究に直接必要な経費とします(設備備品類、消耗品費、旅費等)。
ただし、以下の費用は対象外とします。
 
  • (1)建物等の施設に関する経費(直接経費により購入した物品を導入することにより必要となる軽微な据付等のための経費を除く)
  • (2)助成期間中に発生した事故・災害の処理のための経費
  • (3)助成対象者が所属する組織のオーバーヘッド
  • (4)助成対象者および共同研究者本人への人件費・謝金

助成決定後の遵守事項

助成決定後、助成対象者には、主に以下の事項を遵守していただきます。
 
  • (1)年次研究計画書および年次予算書に基づき、研究活動を行っていただきます。
  • (2)年次報告書および最終研究報告書については、それぞれの期間終了後2か月以内に、財団事務局まで提出していただきます。
  • (3)当財団の助成研究の成果については、学会等での積極的な論文発表や口頭発表をお願いします。
    研究成果を発表する場合は、「ロッテ財団 奨励研究助成(英文表記:Lotte Research Promotion Grant)受賞」と記載してください。
    また、口頭発表の場合は予稿のコピー、論文発表の場合は別刷りを財団事務局宛に提出していただきます。
    なお、 研究成果に基づいた知的財産権は、所属機関の規程により処理してください。
  • (4)助成期間中に、所属機関の異動や職位の変更、連絡先の変更、研究計画や支出計画の変更等が発生した場合には、すみやかに財団までご連絡ください。

応募方法

  • 1.Web申請
    上述のWeb申請締め切り日までに、当財団ウェブサイトの「Web申請」ページより申請を行ってください。
  •  
  • 2.申請書類
    下記(1)~(2)の書類を「Web申請」ページからアップロードしてください。
    また、下記(1)~(2)を各1部、上述の郵送応募締め切り日までに財団まで郵送してください。
 
  • (1)申請書類 : 【B1】【B2】
    *当財団ウェブサイトよりダウンロードしたもの
    (2)論文   : 2報(【B1】〔10〕「業績リスト」中、①、②と優先順位をつけたもの)
    *原著論文のうち、本申請に関連のある主要論文

3.申請書類記入・郵送上の留意点
  • (1)申請書類は日本語で記入してください。
  • (2)申請書類の記入方法については、必ず「記入要領」の注意事項をお読みください。
  • (3)申請書、論文を郵送する際は、すべてA4判片面コピー(白黒)とし、クリップで留めてください(ホッチキス不可)。
  • (4)郵送は、配達が証明できる方法(特定記録、簡易書留、宅配便、レターパックプラス等)により募集期間内に到着するように、余裕を持って発送してください。(封筒のおもて面には「奨励研究助成申請書類在中」と朱書きしてください。)

なお、提出いただいた書類はいかなる場合でも返却いたしません。

結果通知等

最終合否結果を10月25日(火)までにメールまたは文書で通知します。
なお、採否の理由についての照会には回答いたしかねます。

助成金の贈呈

  • 1.贈呈式
    2017年2月16日(木)に実施される贈呈式には、必ず助成対象者本人に出席していただきます。
    (代理出席はご遠慮いただいております。欠席の場合は、採択を取り消すこともあります。)
  •  
  • 2.助成金振込時期・振込先
    2017年3月末までに、助成対象者が4月以降に所属する機関の指定口座に振込みます。
    (助成対象者の個人口座への振込はできません。)

個人情報の取扱いに関する事項

  • 1.当財団の研究助成への応募にかかわる全ての個人情報は、選考に関する手続き(審査と当財団からの連絡)のみに使用します。
  •  
  • 2.助成決定後、当財団に「個人情報の取扱いに関する同意書」を提出し、併せて主として当財団の刊行物とホームページ等に以下(1)~(8)の情報を公開することに同意していただきます。
  • (1)所属機関等の承認者氏名、所属機関名、職位
  • (2)助成対象者の氏名、所属機関名、職位、肖像写真
  • (3)研究課題名
  • (4)申請研究の内容
  • (5)研究期間
  • (6)助成金額
  • (7)研究成果報告
  • (8)財団主催の行事に参加した際、財団で撮影した写真

申請書類郵送および申請に関する問い合わせ先

<書類の郵送先>
〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-20-1
公益財団法人ロッテ財団 研究助成担当 宛
(TEL 03-5388-5564)

電話でのお問い合わせは受け付けていません。必ずメールでお願いします。